法人化のメリットについて

ホワイトボード

個人事業者が増えた事で会社設立を望む声が高まりました。
それは税理士にとって新たな仕事を見つけた事を意味します。
なぜなら個人や企業の税金に関する相談に乗る事が、税理士に求められるサービスだからです。
それに加えて最近では企業の数が減り続けている事で、大口の仕事を失いつつあります。
だから個人事業者を会社経営してもらう事で、今後の運営にも携わりたいという狙いがあるのです。
その副次的な狙いが相談や依頼の料金を値下げ傾向にしています。
個人事業者が会社設立を求めるのは、多くの場合において節税を目的にしているからです。
個人事業者のままでは節税しようにも限界があります。
具体的には経費の削減しか行える余地がないからです。
経費の削減は広範な範囲に及ぶので、工夫次第では大きな効果があります。
しかし経費で抑えきれない利益を上げると、所得税の申告は多額なものになるでしょう。
そこで考えられたのが会社設立をして法人税に切り替えるやり方です。
法人税はどれだけ大きくなっても30パーセントなので、ある一定の額以上であれば所得税よりもお得です。
それだけでもそのまま節税の一貫になります。
また協力者が多数存在する場合には給与として支払う事で、給与所得控除を適用させる事ができます。
それによって得た利益を減額させて計上する事ができるので、それにかかる税金も安くなります。
このように会社設立をすれば節税の選択肢が生まれるのです。
しかし会社経営の場合には同時に様々なルールが課せられます。
それは専門的な知識が必要になるケースもあるので、自分で身につけるか誰かに見てもらう必要があるのです。
それを助けるために存在しているのが税理士です。
仮に納税において不明点があっても、税理士の協力があれば正確な仕事が期待できます。
納税は国民の義務であるため、それだけ厳格な作業になります。
さらに企業は信用が関わる場合もあるので、豊富な知識を持った存在は心強い味方となるでしょう。

オススメリンク

時間と労力を省くため

個人事業を営んでいる人が、その組織を会社設立によって法人にすることを法人成りということがあります。
法人と…Read more

現在の税制の動向について

税制は、年々変化していきます。
毎年税制について議論が行われ、そして改正されるためです。
現在で一…Read more

関連リンク